ニュース

2018/11/13

当社が運営支援する「痴漢抑止バッジデザインコンテスト2018」の入賞作品の展示と人気投票が開催されています

「痴漢抑止バッジデザインコンテスト2018」は電車などでの痴漢をとどまらせるツール「痴漢抑止バッジ」のデザインを募集する学生向けコンペ。3回目の今年は731点の応募があり、153名の中高生が参加した2次審査を経て入選12作品が選出された。現在開催中の人気投票の結果をふまえて最優秀賞1点を含む5点が賞に選ばれ、商品化される予定。人気投票の期間は11月18日まで、Webとあべのハルカス近鉄本店(大阪府大阪市)で開催されている。あべのハルカスでの展示は11月27日まで。

http://scb.jpn.org/contest/2018/

2018/11/06

「MORE THAN プロジェクト」のwebサイトに当社山崎のインタビュー記事が掲載されました

日本から海外展開を目指す中小企業のプラットフォーム「MORE THAN プロジェクト」のwebサイトに当社ブランドディレクター山崎のインタビュー記事が掲載されました。このwebサイトは、2014年から2016年の3年間にわたる経済産業省の事業であるMORE THAN プロジェクトで得たナレッジやネットワークをオープンに公開するものです。『メディアから見た「生き残る企業」の必要条件とは?』というタイトルで、JDNの事業開始から現在に至る流れと、広報活動時のメディア活用についてまとめていただいてます。また「100Q」のコーナーでも回答しています。ぜひご覧ください。

http://morethanprj.com/column/yamazaki

2018/11/06

当社が運営支援する「nihonbashi β」の展示「未来ののれん展」が開催されます

当社が運営支援する「nihonbashi β」の展示「未来ののれん展」が、日本橋の4カ所で11月11日(日)まで開催されます。さまざまな業界の若手クリエイターたちが自由な発想と最新テクノロジーを用いて創作した「未来ののれん」を体験いただくイベントです。参加するのは、コレド室町、にんべん日本橋本店、マンダリン オリエンタル 東京、三井ガーデンホテル日本橋プレミアの4店舗。日本橋の有名店と若手クリエイターのコラボレーションによって、それぞれの店舗ならではのメッセージと新しい体験のある「未来ののれん」が完成しました。ぜひご体験ください。

https://nihonbashi-beta.jp/noren/

2018/11/06

当社が運営支援する「Tokyo Midtown Award」の受賞作品展示が開催されます

2008年に始まり11回目となる「Tokyo Midtown Award」の受賞作品展示が、東京ミッドタウン プラザB1 メトロアベニューにて11月11日(日)まで開催中です。お気に入りの作品に投票ができる「東京ミッドタウン・オーディエンス賞」もあわせて開催しており、最も多くの票を獲得した作品が「東京ミッドタウン・オーディエンス賞」に輝きます。ぜひご覧ください。

http://www.tokyo-midtown.com/jp/award/result/2018/

2018/11/05

当社ブランドディレクター山崎が「パリ東京文化タンデム 現代工芸品展覧会」オープニングにてモデレーターを務めます

東京都とパリ市の文化交流の活性化のための多彩な文化イベント「パリ東京文化タンデム」。そのプログラムである「現代工芸品展覧会」のオープニングイベントにて当社ブランドディレクター山崎がモデレーターを務めます。 日本文化と深くつながり、和の心に刺激を受けたフランス人クリエーター28人による展示です。「和の心から刺激を受けた、フランスコンテンポラリークラフト・デザインの視点」というタイトルの展示作品解説にて登壇します。 2018年11月11日(日)14:00-17:15、東京都美術館ギャラリーB、参加無料、事前予約不要です。ご来場をお待ちしております。展示の会期は11月26日(月)までです。

http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/bunka/bunka_jigyo/files/0000001030/csi_FlyerTokyo.pdf

2018/10/31

「SHOP LOCAL イラストアワード2018」の人気投票をアメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.、株式会社ジェーシービーと協働し開催します

当社が運営するコンテスト情報サイト「登竜門」は、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(東京都杉並区/日本社長:清原正治、以下 アメリカン・エキスプレス)、株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:浜川一郎)と協働し、「SHOP LOCAL(ショップローカル)イラストアワード2018人気投票」を開催します。 「SHOP LOCAL」は、アメリカン・エキスプレスが2017年より展開している、全国の地元のお店を応援し、地域コミュニティの活性化を後押しする取り組みです。 このSHOP LOCAL活動を更に推進するために行われた「SHOP LOCALイラストアワード2018」では、「地元のお店は毎日がエンターテインメント」をテーマに、地元のお店での買い物の楽しさや地域での交流を表現したイラストを、2018年7月9日から9月18日まで募集し、200件を超える応募がありました。 その入選作10点についての人気投票です。 投票期間は11月25日までです。多くの皆様の参加をお待ちしております。

https://compe.japandesign.ne.jp/shoplocal/

2018/09/18

当社ブランドディレクター山崎がコーディネートする「国産材家具サミット」が『Houzz』で記事になりました

住宅のリノベーションやデザインのためのプラットフォーム『Houzz』にて、当社ブランドディレクター山崎がコーディネートする「国産材家具サミット」についての記事が掲載されました。日本の森林の問題、各社の取り組みなどをまとめて頂いています。

https://www.houzz.jp/ideabooks/113359944/

2018/09/04

当社山崎が運営に関わる「JAPAN BRAND FESTIVAL - Talk Saloooon vol.06」が9月27日に開催されます

当社ブランドディレクター山崎が運営に関わる「JAPAN BRAND FESTIVAL - Talk Saloooon vol.06」が9月27日、東京ミッドタウン・デザインハブにて開催されます。今回のテーマは「グローバル人材の育て方」。前半は、2016年文化庁の文化交流士として、9か月間にわたり世界各地で「茶室」を作り日本文化を発信してきた建築家・美術家の佐野文彦氏をお招きします。後半は、JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOLの講師である株式会社TCI研究所の西堀耕太郎氏、企画のミテモ株式会社 代表取締役 澤田哲也氏、1期生を代表して Pinkoi Japan株式会社 David Wang氏にご登壇いただきます。交流会を含めた参加費は1,000円。申し込みはホームページより。

https://www.facebook.com/events/2185503011726767/

2018/08/09

当社が運営支援する「飛騨の家具アワード 家具デザインコンテスト」の審査結果発表会が飛騨の家具フェスティバルにて開催されます

3回目の開催となる「飛騨の家具アワード 家具デザインコンテスト」の審査結果発表会が飛騨の家具フェスティバルにて、9月5日水曜午前11時より開催されます。外部アドバイザーであるデザイナーの川上元美氏、リアル・スタイル代表の鶴田浩氏と当社ブランドディレクター山崎も登壇予定です。参加無料。

http://www.hidanokagu.jp/festival/special/special.html

2018/08/09

当社ブランドディレクター山崎がコーディネートする「国産材家具サミット」が飛騨の家具フェスティバルで開催されます

2015年度の林野庁補助事業「Wood Furniture Japan Award」をきっかけに始まった、産地を越えた画期的な取り組み「国産材家具サミット」。カンディハウス(旭川)、天童木工(山形)、ワイス・ワイス(渋谷)、カリモク家具(愛知)、飛騨産業(飛騨)の5社が「国産材活用」という切り口で一同に会するトークイベントです。6月の旭川デザインウィークに続き「飛騨の家具フェスティバル」にて開催いたします。前回に続きゲストにNPO法人フォレストリンク代表理事の白鳥芳洋氏をお迎えします。9月5日水曜日の午後1時半-3時、飛騨・世界生活文化センター ミニシアターにて、入場は無料です。お申込みは公式ページよりお願いします。

http://www.hidanokagu.jp/festival/special/special.html

LOADING